家事、育児、仕事・・・・

昨年、念願だったネイルサロンをオープンしました!家事、育児、仕事・・・・すべてをうまくこなしていくには時間がかかりそうです(^_^;)
でも毎日充実した日々を送っていますよ♪

私には、今年の誕生日で七歳になる息子がおります。息子は赤ちゃんの頃からあるクセが3つあります。そのうちなおったものが一つ、今だなおっていないものが二つあります。

一つ目は指しゃぶりです。
息子はつねに左の人差し指と中指の二本をしゃぶっていました。ほとんどずっと指は口の中でおしゃべりしてても指は口に置いたままです。気づくと二本の指はふやけていて白くなっています。そんな指しゃぶりは四歳まで続きました。

小さい頃はよかったですが三歳をすぎるとお友達と遊ぶようになり、一緒に遊んでくれてるお友達が息子の指しゃぶりを指摘するようになりました。これはまずいなと思っていましたし、永久歯が生え始めたら出っ歯になるのではと心配になりました。

そこで息子が五歳になった時出っ歯になってしまった子供の写真を歯医者さんのサイトから見つけて見せました。指しゃぶりしてると自分もこうなるかもしれないと説明したら、子供心に嫌悪感を抱いたのかその日からすっぱりと指しゃぶりをやめました。

自分でもやめなければと思っていたのかもしれませんが、出っ歯の写真は良い後押しになったようです。

二つ目は足をピーンと突っ張らせる事です。
このくせは生後四ヶ月くらいの時からありました。左足をピーンと突っ張らせて体を強張らせています。

赤ちゃんの頃はこれを一日数回繰り返し、一体なんだろうなにかの病気かなと心配しましたが、それをする事で何か悪い二次的症状が現れるわけでもなかったので見守ることにしました。

大きくなるに連れてこの症状の回数が減りましたが今でも一日一回程度、自分の意思でやっています。どうしてピーンとやってるの?と聞いたら気持ちいいから、という返事でした。という事は物心つく前から気持ちいいと思ってやっていたのでしょうか?

そうは思えないのですが何らかの生理的現象ならそのうち治るかなと見守り観察中です。

三つ目は異様なところで潔癖なところです。
これは五歳になった頃から始まりました。動物園で少しでも動物に触れたり、道端の野良猫に少しでも触れたり、鳥のフンにちょっとでも触ったり、動物関係の事で少しでも手が汚れたと感じるとせっけんで手を洗うまではワアワアと騒ぎ立てます。

以前動物から人間に感染する怖い病気があるという内容のドキュメンタリー番組を見たのですが、それ以来の潔癖のような気がします。他の場面では全然潔癖グセはなく平気で下に落ちたお菓子を食べようとするし公園であそんで帰っても手洗いうがいをすぐするというわけでもありません。

動物の時だけだし、ある意味良いかなとも思っていますがワアワア騒ぐのが人様に迷惑かけていて、気になります。これも大人になれば落ち着くかなと見守り観察中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です